アプリケーション開発:
DLLを公開しています。

DLLの使用方法

@ ws32.h、ws32.lib、ws32.dllがインストール先ディレクトリに有ります。

A comPort,bitrate等をセットしwsStart(又はWsStart_NT)を実行して下さい。

B バッファサイズとバッファポインタをセットしてwsReadを実行して下さい。
戻値に受信数がセットされます。0の場合受信なしです。下位8ビットが受信データでbit8がchになります。Bit8が0の場合ch1、1でch2になります。

C 最後にwsEndを実行して下さい。

注:intは32ビットです。VBでcallする場合はご注意下さい。

ws32.h内容

DllImport APIENTRY wsStart(int comPort,int bitrate,int data,int parity,int stop);
//comPort:1〜8 | bitrate:110〜 |data:8or7
// stopBit:0=1bit 1=1.5bit 2=2bit | parityBit:0=NONE 1=ODD 2=EVEN | return TRUE or FALSE
//Windows95,98,Me用回線オープン


DllImport int APIENTRY wsStart_NT(int comPort,int bitrate,int data,int parity,int stop);
//WindowsNT,2000,Xp用回線オープン

DllImport int APIENTRY wsEnd(void);
//回線クローズ

DllImport APIENTRY wsRead(int size,int rBuff);
//sizeにはrBuffのサイズをセットして下さい。
//戻値は受信データ数


//ご質問はメール又はFaxでお願い致します。
//Fax:045-941-2210 WS係
//e-mail:support@megaton.co.jp

戻る