よくあるご質問
潟<Kトンハウス 2007.5.31 HOME

Wonder Scope USB
Wonder Scope for Win
Wonder Scope PC98タイプ
VC-C4 Control Soft
VID10A と VID10B
MegVoice2

製品名:[Wonder Scope USB]

Q1:ドライバのインストール中に"ファイルが見つかりません"というエラーが出てインストールできない
お答え:
USBポートに使用しているデバイスが競合していると考えられます。
インストールウィザードを自動ではなくドライバー指定(ファイル指定)で行ってください。

“一覧または特定の場所からインストールする”


“検索しないでインストールするドライバを選択する”


ハードウェアの種類(USBコントローラ)を選択します


“ディスク使用”


“参照”でCDドライブの"driver"フォルダを指定します

Q2:間違って他のデバイスとして認識してしまった(デバイス名 USB_SIF等)
お答え:
USBポートに使用しているデバイスが競合していると考えられます。
デバイスマネージャの該当デバイスを右クリックして”デバイスの更新”を選択しハードウェアの更新ウィザードを呼び出してください。


“一覧または特定の場所からインストールする”


“検索しないでインストールするドライバを選択する”


“ディスク使用”
を選択しファイルマネージャからインストールCDのFTD2XX.INFを選んでください
Q3:ドライバのアンインストール方法
お答え:
Wonder Scope USB のインストールCDの中に"Driver"フォルダがあります。
フォルダの中には"FTD2XXUN.EXE"がありますので起動してください。
"Continue"ボタンを押すとアンインストールを開始します。
Q4:ドライバのインストール途中でそれ以上進まなくなる。
 又は正常にインストールしたのにコントロールパネルの「ハードウェア」−「デバイスマネージャ」−「USBコントローラ」に表示されない
 又はWSプログラムでモニタ開始をしようとすると"OPEN ERROR"になる
お答え:
まずUSBケーブルが接続されているかご確認ください。
USBケーブルが正常に動作している場合は、Wonder Scope USB ユニットの故障が考えられます。
交換いたしますので弊社にお送り下さい。保障期間内(1年間)であれば無償です。期間外の場合は21,000円で交換致します。(送料込)
Q5:被モニタデータにノイズが乗るとWSの画面にはどのように表示されますか?
お答え:
調歩同期のスタートビットに該当する幅の信号を検出した場合
 設定通りのストップビットが得られない場合:オーバーランエラー
 設定通りのパリティビットが得られない場合:パリティエラー
但しノイズがスタートビットに該当しない場合はエラーになりません。
Q6:ログデータをテキスト形式で保存したいのにLOG(WSP)形式で保存されてしまう。
お答え:
フォルダーオプションで「登録されている拡張子は表示しない」に設定しているときに発生します。
対策:
コントロールパネル→表示方法:小さいアイコン→フォルダオプション→
表示タグ→詳細設定→「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してください。
Q7:モニタデータの中に"NG03"が出てくるのですがどのようなエラーですか?
お答え:
モニターデータの取りこぼしが発生しています。
 @PCの処理速度が間に合っていない。
 他に重いアプリケーションを起動している。
 A232C回線のデータ量が多い。
 回線速度を高い設定にして短い間隔でデータを送り続けている。
対策:
PCの処理速度を上げて頂くようお願い致します。

製品名:[Wonder Scope for Win]

Q1:モニタデータが片CHしか表示されません。
お答え:今一度、接続方法をご確認ください。 [接続図]
・WSコネクタの接続場所を間違えている。
 WSコネクタが『Wonder Scope for Win』を起動するPCのCOMポートに接続されていない可能性がございます。

・モニタ対象装置間のケーブル接続をお間違えになっている可能性がございます。(クロスケーブル・ストレートケーブルの間違い)
 RS232Cフラットケーブルはストレートケーブルですのでご注意ください。

Q2:モニタ画面で1フレームデータの最後が相手CHに表示されることがあります。
お答え:
モニタ対象装置間のデータのやりとりの間隔が、非常に短い場合はこのような現象がでることがございます。PCの処理速度が上がればかなり改善されますが、完全ではございません。 誠に申し訳ございませんがご了承ください。

Q3:画面上に「TM」という文字がでてきますが、これはどのような意味でしょうか?
お答え:タイムスタンプです。
通信データ間の間隔を表示しています。
データが送られてから何秒後に次のデータが送信されたか分るようになっています。
100Sec単位です。100mSec未満の間に次のデータが来た場合はカウントされません。
間隔が10秒以上開くと時間切れとして扱います。「TM」の下段に"OV"と表示されます。

注意:OSがBUSYの場合はカウンタが狂うことがございます。
また、タイムスタンプを100mSec以下にして欲しいとのご要望を頂いておりますが、マルチタスクで動くWindowsでは保証しかねますので申し訳ございませんがご了承ください。

Q4:WSコネクタが壊れてしまいました。
お答え:
初期不良の場合を除いて有償となります。(\7,000)また、その場合は壊れたWSコネクタと交換させて頂く事になっておりますのでご了承くださいませ。無くされた場合はご対応致しかねますのでご注意ください。

Q5:製品を新規購入せずにWSコネクタとRS232Cフラットケーブルだけで購入したいのですが。
お答え:販売方法が変わりました。
RS232Cフラットケーブルは販売致しておりますが、WSコネクタは販売致しておりません。本製品はWSコネクタがないと動作致しませんのでご注意ください。
PC98版の Wonder Scop eが1製品につき5本までケーブルのみの販売を行っておりましたので、上記のご質問を頂くのですが、Windows版からはその都度製品を新規にご購入頂くことになりました。
PC98版のご購入方法でご利用頂いていたお客様には誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

Q6:WSコネクタの配線を教えてください。
お答え:
9PinDsubの2・3・5番を使用しています。他はつながっておりません。
2・3番をモニターします。5番はGNDです。

Q7:USB変換のCOMポートでモニタできますか?
お答え:
誠に申訳ございませんが動作保障は致しかねますのでご了承くださいませ。
製品名:[Wonder Scope PC98タイプ]

Q:"warning"エラーの原因は何ですか?
お答え:
・FDベースで『Wonder Scope』を起動していない。
 主に弊社で提供している"Config.sys"を使用されていない場合が多いようです。
 WSは割り込み処理でモニタを行っております。"Config.sys"にデバイスの設定があると割り込み処理の妨げになる場合がございます。

・LOGファイルの書き込みが追いつかない。(Wonder Scope Logのみ)
 原因1:書き込みデータが2KB以上たまるとエラーになります。
 原因2:連続でデータを受信し続けた場合、一フレームのデータが長すぎる場合にエラーになります。
  原因1・2について「PCのスペックがあがれば可能ですか」というご質問を頂きますが、割り込み処理が追いつかなくなって発生する現象なので、PCの処理速度が上がっても解決できません。
 原因3:省エネモードでは書き込みに時間がかかりエラーになります。

・ハードディスクの残り容量がない。(Wonder Scope Logのみ)
 Logファイルを書き込み、作成するだけの容量がないときにエラーになります。
 またHDの空き容量が飛び飛びになると、空きがあっても書き込み時間がかかるのでエラーになります。

製品名:[VC-C4 Contorl Soft]

Q:『VC-C3 Contorl Soft』のようにDLLの関数仕様を公開していないのでしょうか?
お答え:
キヤノンマーケティングジャパン鰍ゥら公開しております。(今回弊社ではDLLをご提供、公開致しておりません)
VCC4の仕様書及びSDKは下記URLへお問い合わせください。
http://cweb.canon.jp/webview/lineup/vcc4/index.html

製品名:[VID10A と VID10B]

Q1:VID10のソフトを起動したら"&H80007007E モジュールが足りません"というエラーメッセージがでて終了してしまいます。
お答え:
Microsoft Office がインストールされていないPCで発生します。
http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/224305/ja
Microsoft の下記ページからダウンロードしたファイルをインストールしてください
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms968493.aspx
ダウンロードファイルSETUPJPN.exe

製品名:[MegVoice2]

Q1:『MegVoice2』は2台で使用するものなのでしょうか?
お答え:
1対1 または 1対n でご使用できます。

Q2:インターネット環境では使用できないのですか?
お答え:できません。
音切れが発生しますのでお奨めできません。
また、LANで音声をライブ配信できますがルーター等を通しますと音切れが発生します。無線LANの場合も音切れが発生する場合がございます。

Q3:ファイアーウォールを通過する環境では使用できないのですか?
お答え:できません。
同一セグメント内での使用を前提としております。
約10mSec毎に音声パケットを送信しており10mSec以上の間隔が空くと音切れが発生します。

Q4:LANで接続したパソコンのIEブラウザソフトで再生可能なのでしょうか?
お答え:不可能です。
『MegVoice2』で再生します。ブラウザソフトでの再生は対応しておりません。

TOP | 戻る